シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • PARIS
  • 種類は400種類!フランスのチーズ事情

PARIS

種類は400種類!フランスのチーズ事情

Pocket

種類は400種類!フランスのチーズ事情

今日はフランスのチーズについて、お話したいと思います。

 

ワインと言えばチーズ。チーズと言えばワイン。

先日、フランスのワインのことについてコラムを書きましたが、フランスではワインとチーズは切っても切れない、強~い関係!

01

チーズ専門店の片隅には、必ずワインコーナーがあるくらい。その強~いつながりが分かりますね。

そして毎日の食卓にも、必ず何種類ものチーズが並びます。日本では想像もできないくらい、チーズの消費量がすごいんです。スーパーマーケットのチーズコーナーの大きさといったら!日本の魚や肉コーナーに匹敵するほど。チーズ専門店も街のあちこちにあります。

06

何しろ約400種類もあるというフランスのチーズ。たとえ毎日違う種類を食べ続けても、1年で食べつくせないという途方もないチーズ大国なのです。

 

種類によって違うチーズの買い方

フランスのマルシェ(市場)やチーズ専門店での買い方は、種類によって違います。

02

ヤギのチーズやカマンベールチーズのような、小さなサイズの円形や四角形のものはほとんどが「1個いくら」という値段設定。数字の横に「Pièce」(ピエス)という文字が書いてあったら、それは1個単位のお値段です。

03

そして大きなかたまりのチーズなどは「このくらい?」「このくらい?」とお店の人に聞かれながら、好きな分量を買うことができます。その場合は「1kgあたり」で値段表示されているので数字の横に「kg」という文字が書いてあります。

「kg単位」で売られていると、数字自体が大きくなるので「高い!」と一瞬ビックリしてしまうのですが、横の単位をよく見てみてくださいね♪

 

好きなものを好きなだけ!毎日の食卓チーズ

04

フランスの家庭で食事をすると、プレートに数種類のチーズがのせられて登場します。最初の頃は、どうやって食べたらいいのか分からなかったけれど、みんな好きなものを好きなだけ食べていました。円形や四角形のタイプはケーキ切りに。クリーミーなタイプはスプーンですくって。ハードタイプのチーズははじっこの方からカットしていきます。

05

そうそう、チーズはおつまみとして食べるものだと認識していたけれど、なんとチーズはメインのお食事が終わった後、デザートの前にいただくんです。もう散々食べて、お腹いっぱいになってから!これはびっくりしました。

チーズ盛り合わせ」は、ビストロやレストランのメニューではデザート欄書いてあります。チーズとデザート両方を食べる場合もあるし、チーズで締めくくる場合もあるけれど、ポジション的にはデザートの前だからデザート欄に書いてあるのですね!

 

■一緒に読みたい記事

食事前のたのしい時間「アペリティフ」 :【とのまりこのパリライフ!】

編集部が見てきたパリ。街のパン屋さんや楽しいマルシェがある日常

フランスの普段のワインのお値段いくら!? :【とのまりこのパリライフ!】

種類は400種類!フランスのチーズ事情

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP