シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • FOOD
  • クスクスで簡単!パクチーとライムのパラパラチャーハン

FOOD

クスクスで簡単!パクチーとライムのパラパラチャーハン

Pocket

クスクスで簡単!パクチーとライムのパラパラチャーハン

フランスでも人気の異国料理クスクス。サラダ仕立てのタブレにしたり、煮込み料理と一緒に食べたりして楽しまれています。

最近では輸入食品店などで見かけるようになり、カフェのメニューに登場したり、日本でも少しずつ広まっているのではないでしょうか。とはいえ、買ってみても使い方がわからない、タブレ以外の食べ方も知りたい!という方も多いはず。

今回は、クスクスのアレンジレシピを紹介したいと思います。パクチーをたっぷりつかったエスニックテイストのチャーハン風クスクスのレシピです。

 

パクチーを添えたエスニッククスクスチャーハン

  • 【材用】(2人分)
  • クスクスチャーハン 材料
  • クスクス:1カップ
  • オリーブオイル:大さじ1
  • お湯:1/2カップ
  • 卵:2個
  • ねぎ(小口切り):15cm分 ※種類はお好みで可
  • にんにく(みじん切り):小さじ1
  • むきエビ:100g~150g
  • <調味料>
  • しょうゆ:小さじ2
  • 砂糖:小さじ2
  • ナンプラー:20cc
  • 塩:小さじ1/2
  • こしょう:適量
  • ※お好みで唐辛子を入れてもOKです。
  • サラダ油:大さじ1
  • パクチー(刻む):お好みの量
  • ライムまたはレモンのくし切り:2かけ
  • トマト:適量
  • きゅうり(スライス):2~3枚

 

【作り方】

1.クスクスを戻しておきます。

クスクスにオリーブオイルとお湯を入れ、ラップをしてやわらかくなるまで戻しておきます。

※詳しい戻し方はタブレの作り方を参照。

2.具材を炒めます。

クスクスチャーハンの作り方 具材を炒めますフライパンにサラダ油、にんにくを入れ、熱します。にんにくの香りがしてきたら、ねぎを入れます。

3.卵とクスクスを炒めます。

クスクスチャーハンの作り方 卵とクスクスを炒めます[2]をさっと炒めたら、溶き卵とクスクスを入れます。クスクスに卵をからめながら炒めましょう。

4.エビと調味料を入れます。

クスクスチャーハンの作り方 エビと調味料を入れます。卵に火が通ってきたら、むきエビと<調味料>を加えて、さらに炒めます。

クスクスチャーハンの作り方 エビに火が通ったら火を止める。エビに火が通ったら、火を止めます。

 

5.お皿に盛り付けたら完成です。

クスクスチャーハンの作り方 盛り付けたら完成お皿に盛り、パクチー、トマト、きゅうりをのせてライム(レモンでもOK)をしぼって、混ぜながらいただきます。

ナンプラーとライム、パクチーでエスニックな味わいがとってもおいしい!お好みで唐辛子などで辛さをプラスしても◎。ナンプラーや辛味が効いたエスニックな味わいには、赤ワインのロックが相性がよいので、休日のランチに一緒にいただくなんていうのもいいですね。

クスクスチャーハン

また、ごはんの代わりにクスクスを使うことで、簡単にパラパラチャーハンを作ることができます。自宅でパラパラチャーハンを作るのは意外と至難の技なので、これはうれしいですよね。

このようにクスクスは、お湯で戻すだけで作れてどんな味にもマッチするので、ごはんの代わりに使用するのもおすすめです。

いろいろな使い方ができるクスクス。ぜひ、普段の食卓に取り入れてみてはいかがですか?

 

■一緒に読みたい記事

フランスの国民食!クスクスを使ったタブレのレシピ

スパイスたっぷりのおもてなしレシピ!ラム肉と野菜のクスクス

小さくても満腹!世界最小のパスタ・クスクス:【とのまりこのパリライフ!】

クスクスで簡単!パクチーとライムのパラパラチャーハン

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP