シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • GOODS
  • 日本のお弁当が世界に!フランスでBENTOがブーム

GOODS

日本のお弁当が世界に!フランスでBENTOがブーム

tags : ,
Pocket

日本のお弁当が世界に!フランスでBENTOがブーム

日本ではおなじみのお弁当ですが、それが今“BENTO”として世界で注目を集めているということをご存知でしょうか?

そしてこのブームのきっかけは、なんと日本文化に関心の高いフランスからと言われているんです。日本から遠く離れたフランスから?と少し驚きですよね。

 

お弁当はなぜ“BENTO”として世界に?

日本の漫画やアニメなどが世界的に広まっていることはよく知られています。そのなかで、登場人物がおいしそうにお弁当を食べているシーンがあったことから、日本の弁当文化は世界に知られるようになったと言われています。

中でもフランスは日本文化への関心が高いことに加え、もともと昼食を大切にする習慣があったこともあり、弁当文化を受け入れやすかったようです。今や“BENTO”としてフランスの辞書にも載っているそうです。

 

有名シェフも手掛けるフランスの“BENTO”

パリ市内ではお弁当を提供するカフェが登場しているほか、書店には有名シェフが著したお弁当のレシピ本がずらりと並んでいるそうです。その中には、日本にもお店があるジュエル・ロブション氏のレシピ本も。

01まな板付きでサンドイッチがその場で切れる Black + Blum Sandwich Box

フランスの“BENTO”はバゲットやパスタをタッパーに詰めるという簡単なものから、栄養や彩りを考えたこだわりの手作り弁当まで、フランスならではのお弁当の楽しみが広まっているようです。

 

シンプルでモダン!フランス人オーナーの提案する弁当箱に注目

せっかくお弁当にこだわるのなら、弁当箱にもこだわりたいものですよね。フランスでも“BENTO”と同時におしゃれな弁当箱が注目を集めています。

02

Bento&co』はフランスでの弁当箱ブームの火付け役。

2008年創業当時、フランスで弁当箱を販売しているお店は和雑貨店のみで、オンラインショップもありませんでした。そんな中、個人向けに販売するだけでなく、パリの老舗百貨店・レストラン・ホテルへの卸販売、様々なレシピ本への商品提供やメディアへのPRまで様々な活動を積極的に行い、フランス国内で“BENTO”の認知度を上げたのが『Bento&co』でした。現在ではフランスだけでなく、約87カ国 6万人のファンを持つ弁当箱専門店に。ちなみにフランス人オーナーのベルトラン・トマさんは京都に住んでいます。

03あじろおにぎり弁当

トマさんセレクトによる商品は海外でも人気が高い和柄の弁当箱から曲げわっぱまで、センスが光るものばかり。タッパーじゃ味気ない!という弁当ラバーの心を掴むかわいい弁当箱がいっぱいです。

04ハンバーガーセットピック

他にもカラフルなバランやピックなどの弁当箱を彩るグッズも充実。まるでパリの雑貨屋さんの様な雰囲気でテンションが上がります。

05

こちらの自然の風合いが特長のオリジナルの弁当箱は紀州檜を使用しており、加工・塗装も和歌山で行うこだわりのある弁当箱です。こんなに素敵な弁当箱があればお弁当を作るのも楽しくなりそう。

自分で作るお弁当なら食材やその産地を選ぶこともできるので、栄養管理もしやすいですよね。その日の気分で食べたい物を詰めて楽しむことも素敵です。お気に入りの弁当箱で自分らしい”BENTO”ライフを始めてみませんか?

日本のお弁当が世界に!フランスでBENTOがブーム

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP