シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • FOOD
  • 夏野菜をまだ楽しもう!フランスの常備菜ラタトゥイユのレシピ

FOOD

夏野菜をまだ楽しもう!フランスの常備菜ラタトゥイユのレシピ

Pocket

夏野菜をまだ楽しもう!フランスの常備菜ラタトゥイユのレシピ

9月とはいえ、まだ夏のような気候のこの頃。「夏野菜も少し飽きてきちゃった…」という方も多いのではないでしょうか?

でも、この時期だけの夏野菜をまだまだ楽しみたい!ということで、夏野菜をたっぷり食べられる南仏の定番の料理、ラタトゥイユの作り方を教えてもらいました。

 

野菜たっぷりの常備菜ラタトゥイユレシピ

01

  • 【材料】(2~3人分)
  • トマト:2個
  • ナス:2本
  • ズッキーニ:1/2本
  • 玉ねぎ:1/2個
  • パプリカ(赤&黄色):各1/2個
  • にんにく:1~2かけ
  • 塩:小さじ1
  • こしょう:少々
  • タイム:2~3枝
  • オリーブオイル:大さじ2

 

【作り方】

1. 野菜を切ります。

01トマトと玉ねぎを食べやすい大きさで角切りにします。トマトは缶詰のホールトマトでも。パプリカは種を取り、白い部分を切り取ってから食べやすい大きさに切ります。白い部分が残っていると苦味が出てしまいます。

ズッキーニは皮にえぐみがあるので剥くとよいでしょう。皮を全部むいてもよいですが、彩りのため縞模様にしました。

02ナスを食べやすい大きさに切ります。塩水につけ、あく抜きをして、水でゆすいだあと、水気を切っておくとさらに◎。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2. 切った野菜を炒めます。

04鍋にオリーブオイル、にんにくを入れて熱します。玉ねぎを炒め、しんなりしたら、パプリカ、ズッキーニを入れさらに炒めましょう。全体に油がまわったら、ナスを入れ、さらに炒めます。ナスは崩れやすいので気になる方は、後で入れてもよいです。

 

3. トマトを入れ煮込みます。

05トマト、タイムを入れ、塩をふります。フタをして弱火で20分ほど煮込む。この時、お水を入れず、野菜の水分で煮込むことがポイントです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA時々、かき混ぜながら煮込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA塩、こしょうで味を整えたら、できあがりです。できたてもおいしいですが、冷製にしてもおいしくいただけますよ。

野菜を大きめに切れば食べごたえのあるおかずに、小さめに切れば付け合せにもなります。今回使ったお野菜の他、カボチャやさつまいも、ネギなどのお野菜を入れてもおいしいですよ。

冷蔵庫保存で3日ほど持ちますので、まとめて作って常備菜にしておくと便利。とはいえ、あまりのおいしさに3日も持たないかも!?野菜をたっぷり食べられる、ヘルシーでおいしい常備菜です。

 

■ 一緒に読みたい記事

トマトの旬は夏じゃない!?八百屋さんに聞く、夏の野菜講座

好きなものを漬けてカラフル楽しい!ピクルスレシピ

旬の春キャベツが主役!大人のコールスローレシピ

夏野菜をまだ楽しもう!フランスの常備菜ラタトゥイユのレシピ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP