シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • GOODS
  • お気に入りのエプロンで毎日の家事やお料理をもっと楽しく!

GOODS

お気に入りのエプロンで毎日の家事やお料理をもっと楽しく!

Pocket

お気に入りのエプロンで毎日の家事やお料理をもっと楽しく!

エプロンといえば、お母さんや料理上手なあの人や、おしゃれなカフェの店員さん、雑誌の中で見かける料理家さんたちが身につけているのを目にすることはあっても、実際に自分がエプロンをしてキッチンに立つのは、あまり日常的ではないという方も多いかもしれません。

けれど、お気に入りのエプロンを見つけたら、きっと普段の家事や料理も楽しくなるはず。最近は、ファッションアイテムとして使えそうなくらいかわいいエプロンも多く出ています。今回は、日常使いしやすいエプロンを3つのブランドからご紹介します。

 

1.「Simply」のエプロンで楽しむ、コトコト家しごと。

せっかくのお休みなのに、「家事をやらなくちゃ!」となると、少しばかり気持ちが億劫になりがちです。でも、お気に入りのエプロンがあれば大丈夫!家しごとも捗っちゃうこと間違いなしです。まずは、日々の暮らしをもっと楽しんでもらいたいという想いから生まれたエプロンから広がる新感覚のキッチンブランド「Simply」のアイテムをご紹介。ユニセックスでシェアして着られるシンプルで機能的なエプロンやウエア感覚で着こなせるエプロンを中心に食を通じて新しいライフスタイルを提案してくれます。

01DENIM APRON(Long)

8オンス生デニムを使用したデニムエプロンは、軽さと丈夫さを合わせ持っているので作業着としても最適。使い始めはパリッとしていて少し硬めの生地ですが、使い込んでいくほどに柔らかくなじんでいくので、自分だけのオリジナルエプロンに育てていくという楽しみも。
首ひも、腰ひもは、それぞれに取り外し可能な作りになっています。半分に折って巻きつければ、ギャルソンエプロンに大変身。旦那さんや彼とお揃いや共用でも使えるデザインです。

02CHINO APRON(Short)

シェアということで言うとこちらもおすすめ。大容量のポケットとしっかりとしたチノクロス生地を使用しているで、日曜大工などの家しごとにも◎。パートナーと色違いで着て家しごとに励めば、共同作業もさくさく進むかも!?

03LINEN KNIT APRON

ニット特有の柔らかさと、ゆったりとしたドレープ感が休日にぴったりのニットエプロン。スカート部分が腰をぐるりと巻くラップ式になっているので、サロペットスカートとしても使えます。家しごとの途中にフラリと街に出てもOKなエプロンです。

 

2.「NAPRON」で見つけた、洋服みたいなエプロン

1900年代に労働や作業の中で、実用的に使われていたものを、現代の暮らしの中に取り入れようというコンセプトからスタートしたブランド「NAPRON」。

「エプロンにもおしゃれさを!」と思っていても、日常的に使うのであれば、使い勝手の良さは外せませんよね。お洋服のようにきれいなデザインと、追及された実用性、その両方を持ち合わせている「NAPRON」のエプロンをピックアップしました。

0415 EURO FARM FULL APRON_BLACK STRIPE

シンプルなストライプがクールな印象のこちらのエプロンは、2つの大きなポケットとカバー力の高いロング丈で実用性も抜群。ヨーロッパのヴィンテージエプロンをモチーフにデザインされているんだとか。

キッチンだけではなく、あらゆる作業のシーンで実用的に活躍してくれる優秀な相棒です。

0522 EURO SHOULDER APRON_MUSTARD

19世紀初頭に作られたヨーロッパのエプロンをモチーフにして作られた、ショルダータイプのふんわりエプロン。ポケットや首元パーツのカーブの美しさにも、ヨーロッパならではのこだわりを感じます。

06

腕を通して腰ボタンを留めるだけという、とても脱ぎ着しやすいデザインになっています。

0718 EURO KITCHEN APRON_NAVY

こちらもヨーロッパのヴィンテージエプロンをモチーフに作られています。シンプルな生地を使用しているので、甘くなりすぎない印象に。幅広く使いやすいデザインに仕上がっています。綿100%でとても薄手なので、洗濯をしても乾きやすいのもポイントです。

0801 LUMBER BIB APRON_RED

ポップなカラーのキャンバス地で、ビンテージのワークエプロンを元に作られたこんな1枚も!なんでも入る大きなポケットと、小ぶりでかわいらしいシルエットがなんともクセになりそうなデザインです。

 

3.日常の暮らしを豊かに。「Lino e Lina」で手にした、リネンの心地良さ

「リネン(麻)」という意味をもつ、イタリア語の「Lino」と、リトアニア語の「Lina」を掛け合わせて名付けられたブランド「Lino e Lina」。自然素材のリネンにこだわって、麻100%で作られた「Lino e Lina」のエプロンは、身につけているだけで、柔らかく、穏やかな気持ちで過ごせそうなものばかりです。

09マノン・フルエプロン・フォレストグリーン

落ち着きのあるフォレストグリーンの風合いは、大人の上品さを醸し出すだけではなく、穏やかで優しげな印象を与えてくれる1枚です。身につけた時、キュッと腰ひもを締めることによって、女性の美しさを一層引き立ててくれる仕上がりとなっています。

10アニタ・エプロン/メランザーナ

かぶるだけで着られるアニタのシリーズは、肩こりしやすい人にもおすすめです。ポケットの横にボタンが付いているので、キッチンタオルをぶら下げれば、さっと手を拭くこともできるという優れもの。ゆったりとしたシルエットと裾に入ったスリットで動きやすいのもうれしいです。

11
ミラ・フルエプロン

首元のストラップの色の組み合わせがかわいらしく、フェミニンな印象に。リネン素材の良さが生かされ、身につけていることをつい忘れてしまうほど、軽やかな着心地です。

ひとことにエプロンと言っても、1点1点個性豊かですよね。細やかに設計され、実用性はもちろんデザインまで考え抜かれて作られています。また、使えば使うほど味が出る、素材の風合いを活かしたものも多いのも特徴です。とっておきの1枚を使い込むのもよし、気分によって変えるもよし。さっとエプロンをかぶり、キュッと紐を締めれば、何気ない普段の家事やお料理の時間もちょっと気持ちが引き締まるはずです。

 

 

■一緒に読みたい記事

ごはんが楽しくなる食器で、見た目にもおいしい食卓に!

『うすはり』なら缶ビールも極上の口当たりと喉ごしに!

毎日の暮らしに彩りを!PARIS magが選んだCLASKAのアイテム5選

OFFICIAL Instagram
Pocket

PAGE TOP