シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • パリジェンヌがカフェで過ごすようなくつろぎ感を味わえる池ノ上『パンとごはん』

BREAD

パリジェンヌがカフェで過ごすようなくつろぎ感を味わえる池ノ上『パンとごはん』

Pocket

パリジェンヌがカフェで過ごすようなくつろぎ感を味わえる池ノ上『パンとごはん』

下北沢のお隣、池ノ上駅から閑静な住宅街を歩いて行くと、白い外壁と大きなロゴが目印のお店が見えてきます。『3 toris PAIN et GOHAN(パンとごはん)』です。

pantogohan_01

2015年10月にリニューアルしたこちらのお店。メンバーを交代しながら運営してきて、今回で3代目になるそうです。偶然にもお店の住所は3丁目。3丁目で3代目が始めるお店、ということで店名に「3」を付けたのだとか。読み方はフランス語「1(アン)、2(ドゥ)、3(トロワ)」の「トロワ」です。

pantogohan_02

落ち着いた照明の店内に窓辺からの日差しが入り、リラックスして過ごせる雰囲気。パリジェンヌがゆったりと地元のカフェで過ごすように、地域の人が居心地よく楽しめるお店づくりを心がけているそうです。

黄緑色のタイルがかわいいカウンターは、ひとりで来ても座りやすい席。どの席も広々としたスペースなので、ゆったりとくつろげます。

 

地域の人たちが御用達。ここでしか食べられないフレンチトースト

パンとごはんで食べられるのが自家製の食パン。この食パンが絶品なんです。今後、パンのテイクアウトの種類を増やしていく予定だそう。そちらも楽しみです。

pantogohan_03

今回は、そんな食パンを使った大人気のモーニングメニュー「フレンチトースト」をいただきました。地域のお子様からお年寄りまで、愛好者が多いのだとか。

pantogohan_04

想像していたよりもひとまわり大きいサイズ!厚さが5cm程ありボリューム満点。季節のフルーツとサラダ、OBSCURAの豆を使用したコーヒーがセッで付いてきます。朝から甘いものと栄養分を摂取できるなんて、充実した気持ちになれそう。果物販売をしているスタッフの清水さんのご実家から、旬のくだものを仕入れているとのこと。なので、出されるフルーツは季節によって異なります。

添えられている生クリームは砂糖を入れてないさっぱりした風味。メープルシロップと生クリーム、2つのトッピングを組み合わせて様々な味を楽しめます。

pantogohan_05

早速、メープルシロップをかけていただきます!

中はふわっふわ。口の中で溶けていきます。外は程よく固くパリパリで、食パンの耳の食感を残しています。口に入れた瞬間、あまりのおいしさに声をあげちゃいました。今まで食べたどのフレンチトーストとも違う味と食感。まさに、ここでしか食べられない味です。

その秘密は作り方にあります。厚い食パンにアパレイユがしっかり染み込むよう、ひと晩浸けます。アパレイユには隠し味にお酒をちょっとだけ加えているのだそう。それからフライパンで焦げ目を付けて、パン専用のオーブンで一気に焼き上げます。なので、家庭では再現できないようなふっくらした仕上がりに。こうした行程で、食パンの甘みを活かした独自のフレンチトーストができるのです。

見た目はボリューミーなのですが、ぺろりと食べられちゃいました。それほどおいしいし、何より口溶けが良くてびっくりしました。

 

パンと野菜の甘みを味わえるサンドイッチ

pantogohan_06

こちらはランチのメニュー。ランチタイムは長めの17時まで。ご近所の方々にも人気のおすすめメニュー「サンドイッチ」をいただきました。

pantogohan_07

スモークチキンとフランス家庭料理の定番キャロットラペ、レタスを挟んだベジタブルサンド。サラダと半熟湯ゆで卵、大根のピクルスが付いてきます。

このサンドイッチもフレンチトーストと同様、ボリューム満点!「カフェのごはんってサイズ感が小さいイメージがあるけど、せっかく来てくれたお客さんに満足してもらいたい」という想いからこの大きさにしているそうです。

野菜の鮮やかな彩りに食欲がわきます。パンの程よい焼き目もおいしそう。パンは甘みがあってやわらかく、やさしい味です。食パンがこのお店の看板メニューであることに納得。

ベジタブルサンドなのでさっぱりしているのかなと思いきや野菜も甘くて、とっても食べやすい。ザクザクした食感も楽しめます。やわらかいスモークチキン、甘い野菜、絶品食パンの相性はばっちり!ちょうど口を大きく開けて収まるサイズなので、その満足感も味わえます。

pantogohan_08

当初、サンドイッチはBLTを提供していたのだとか。しかし、このお店のある地域は年齢層が高いこともあって、ヘルシーでやわらかめのものが好まれることが分かり、ベジタブルサンドに変更したのだそう。その途端人気メニューとなりました。

「この地域のお客さんは本当に良いものを知っている人たちだから、その人たちに納得して、お店に通ってもらえるものを作らなきゃって、良いプレッシャーになります」と清水さんが教えてくれました。

 

かわいい焼き菓子たちも

pantogohan_09

店内でのオーダーはもちろん、テイクアウトもできる焼き菓子もあります。キッシュ、スコーン、ガトーショコラなどどれもおいしそう。清水さんは元々お菓子を作っていたこともあり、ご自慢の1品です。お子様にもおすすめ。

pantogohan_010

店内の家具は、この物件に『パンとごはん』が入る前の店舗から受け継がれたもの。食事をして、パソコン開いてお仕事をする人。保育園の送り迎えのときに寄る親子や、おばあちゃんたち。お友達とゆったりランチを楽しむ人。お客さんたちはそれぞれのんびりとした時間をここで過ごしています。

ここでしか味わえないパンと、独特の居心地の良い雰囲気。ぜひ、この味と空気をのんびりと楽しんでみてください。

 

 

 

その他のパン屋さん

パリジェンヌがカフェで過ごすようなくつろぎ感を味わえる池ノ上『パンとごはん』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP