シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • かわいくって本格派!八丁堀をおいしく彩る『CAWAII BREAD & COFFEE』

BREAD

かわいくって本格派!八丁堀をおいしく彩る『Cawaii Bread & Coffee』

Pocket

かわいくって本格派!八丁堀をおいしく彩る『Cawaii Bread & Coffee』

銀座や日本橋から歩いて10分ほどのところにある八丁堀は、都心ながら下町ムードあふれる場所。そんな八丁堀の裏路地に佇んでいるのが『Cawaii Bread & Coffee(カワイイブレッド&ベーカリー)』。

01

店内に一歩足を踏み入れると、店名にある「かわいい」というワードがぴったりな空間が広がっています。

 

建築家・西沢立衛さんによる内装デザイン

SONY DSC

以前は印刷屋さんとして使われていたこの建物の内装を手がけたのは、豊島美術館の設計でも有名な西沢立衛さん。壁一面にあしらわれたオリジナルの壁紙がとっても印象的。突き当りには大きな開口が取られ、明るい光が差し込みます。

03

作業場のスペースを広く確保した上で、小スペースながらも設けられたスタンド席には、オーナーのパリのパン屋さんへの憧れが詰まっているのだとか。

 

パリのパン屋さんのような日常を

SONY DSC

オーナーである中山さんと原田さんが、フランス建国記念日にあたる 7月14日に合わせてオープンしたのが1年前。

SONY DSC

実はお2人の本業は、編集とライティングのお仕事。どうして全く異業種のパン屋さんをはじめようと思ったのか伺うと、「パリの人々は日常的にパン屋さんを利用しますよね。通勤や通学、散歩がてらに気軽にパン屋に立ち寄り、店内のイートインスペースでパンをさっと食べ出かけていく。そんなパリの文化に憧れがありました。お気に入りのパン屋さんがあるだけで、日常をずっと豊かな気持ちで過ごせると思うんです」と中山さん。

SONY DSC

下町の文化が今も残る八丁堀界隈には、昔ながらのパン屋さんはあるものの、中山さんの思い描くパン屋さんは見当たらず…。銀座や日本橋のデパートにあるパン屋さんまで足を伸ばすのもいいけれど、「やっぱり町にはパン屋さんが必要!」と思い一念発起したのだそう。

(ちなみに中山さん曰く、「町にはパン屋さんの他、お花屋さんもあるといいですよね」とのこと)

 

こだわり素材で毎日安心のパンを

SONY DSC

「安心して召し上がっていただけるものを、できる限り良い食材を使って作りたい」という信念に基づく素材選びには、オーナーのこだわりが詰まっています。

SONY DSC

クロワッサン、サンドイッチ、ハード系のノアカレンツは特に人気の商品。

SONY DSC

発酵バターが練りこまれたクロワッサンは、見た目もふっくらと厚みがあり、生地の層がとてもきれい。

SONY DSC

サンドイッチは「自家製セミドライトマトとツナの全粒粉入りサンド」、「卵とオリーブの角食サンド」、「フレッシュチーズとサーモンのベーグル」などバリエーション豊か。それぞれ選び抜かれた天然素材がたっぷり。サンドするパンの種類も具材と一番合うように選んでいるのだそう。どれもおいしいそうな組み合わせについ迷ってしまいます。

SONY DSC

迷った挙句、「卵とオリーブの角食サンド」をいただきました。ふんわりした角食にバルサミコ豆乳酢を使ったマヨネーズがマッチ。ほんのり酸味ある香りが口いっぱいに広がり、味わいあるサンドイッチでした。

012

次に頂いたのは、ハード系「ノアカレンツ」。レーズンとくるみがふんだんに詰まっていて、生地はしっとりもちもちと柔らかく、噛めば噛むほど、香りと果実のコクが口いっぱいに広がります。

天然酵母を使ったハード系のパンは、焼きたてはもちろんのこと1晩寝かせた2日目もしっとり感が増しおいしくいただけるのだとか。

SONY DSC

その他に、季節ごとの素材を使った栗やかぼちゃのパンなど25種類ほどのパンが、1日かけて順番に焼きあがります。

 

パンと一緒に楽しみたいコーヒーやチーズ

014

パンと一緒にぜひ楽しんでもらいたいのがこだわりのコーヒー。豆は、お店で使っているエスプレッソ・マシンにあわせて京都のKAFE工船さんに焙煎してもらっているものを使用しています。チョコレートのようにとろりとした味わいが特徴です。

また、毎月産地が異なる豆が届くのも楽しみのひとつ。

SONY DSC

吉田牧場さんのお手製チーズは、レストランで取り扱われることがほとんどで、あまり一般に流通はしてないそう。ハード系のパンやワインと合わせていただきたいですね。

016

週末など店内が賑わう際は、川に面したテラス席をオープンにすることもあるそうです。『カワイイブレッド&ベーカリー』のロゴマークのヒントにもなっている、亀島川を眺めてゆっくりおいしいパンを味わう休日も楽しそう。

017

お店にすべてにこだわって、集めて編んで作らされた『カワイイブレッド&コーヒー』。かわいいだけじゃない、贅沢で日常の豊かさが増す町のパン屋さんです。

 

  • ■お店情報
  • Cawaii Bread & Coffee
  • 住所:東京都中央区八丁掘2-30-16 T&Y ビル 1F (地図
  • 電話:03-3523-5040
  • 営業時間:[火~土]7:00~18:00、[日]7:00~16:00
  • 定休日:月曜日、第1・3火曜日

 

■︎一緒に読みたい記事

旅する気分で味わえる本場ベトナムのサンドイッチ。祖師ケ谷大蔵『バインミー ăn di』

くっきりした層が美しいクロワッサンが人気『GONTRAN CHERRIER』

自家製レーズン酵母で作るパン。ほんわか姉妹が営む『浅草 粉花』

OFFICIAL Instagram
Pocket

PAGE TOP