シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • GINZA SIX店限定「Wチーズケーキデニッシュ」を求めて『ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ』へ

BREAD

GINZA SIX店限定「Wチーズケーキデニッシュ」を求めて『ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ』へ

Pocket

GINZA SIX店限定「Wチーズケーキデニッシュ」を求めて『ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ』へ

フランスのパンとしてパッと想像するのは、バゲットですよね。バゲットはランチや夕食など日々の食事に欠かせないパンですが、おやつや朝ごはんなどのシーンでよく登場する「ヴィエノワズリー」というパンがあることをご存知でしょうか?

「Viennoiserie」はフランス語で菓子パンという意味。生地にたっぷりのバターを使用したデニッシュ生地を使っていたり、フルーツやチョコレートなどの具材がのっていたりと豊富なバリエーションがあるヴィエノワズリーは、食事と一緒に楽しむというよりは、朝ごはんとして食べたり、子どもたちが学校帰りにおやつとして食べることの多いパンです。私たちも馴染みのあるクロワッサンもヴィエノワズリーの1つだったりします。

今回はそんなヴィエノワズリーを楽しめるパン屋さんを紹介します。

 

GINZA SIXにオープン!ヴィエノワズリー専門店

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』

訪れたのは、銀座エリア最大の商業施設GINZA SIXの地下2階にある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』。

カフェ&ベーカリーのお店『JEAN FRANÇOIS(ジャン・フランソワ)』はM.O.Fというフランス国家最優秀職人章のシェフであるジャン・フランソワ氏の技術と精神を受け継ぐベーカリーです。これまで渋谷・横浜・表参道の3店舗展開していますが、今回、初業態となるヴィエノワズリー専門店の1号店が銀座に誕生しました。日本で独自に開発された商品や、GINZA SIX店限定のメニューもあるとのこと。さっそく見ていきましょう!

 

2種類のチーズを味わう「Wチーズケーキデニッシュ」

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』の「Wチーズケーキデニッシュ」

GINZA SIX店限定の「Wチーズケーキデニッシュ」。コロンとしたフォルムがなんとキュート。名前の通り、2種類のチーズを存分に味わえる贅沢なデニッシュです。

作る工程も手間ひまかけていて、まずデニッシュ生地を焼き、そこにアパレイユを流し込んでもう1度焼きます。最後にドーム状にしたレアチーズを乗せて、生クリームでデコレーションをして完成!

『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』の「Wチーズケーキデニッシュ」

デニッシュ生地は2度焼きしているため、サクサク&パリパリした食感。2種類のチーズは、上が北海道のまろやかなクリームチーズを使ったレアチーズで、下はコクのあるフランス産のクリームチーズチーズを使った濃密なベイクドチーズになっています。レアチーズケーキとベイクドチーズケーキの2種類を一度に味わえちゃう新感覚のデニッシュ。

すでに看板商品となっており、なんと1日に300個ほども出るほど!お1人様2個限定ですのでオープン時に行くのがおすすめです。

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』のデニッシュ左から「デニッシュ・フレーズ」、「デニッシュ・オランジェ」

旬のフルーツが味わえるデニッシュも。オープン記念として、みかんの王様「せとか」を贅沢に使った「デニッシュ・オランジェ」がありました。「デニッシュ・フレーズ」のいちごも、4月は「やよいひめ」、5月は「女峰」など季節の移り変わりとともに種類を変えているそう。今後どんなフルーツのデニッシュが登場するのか楽しみですね。デニッシュはひとつひとつ包装し、保冷剤もつけてくれるので、手土産にもぴったりです。

 

バターを贅沢に使ったデニッシュフレンチトースト

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』で3度焼きあがるデニッシュフレンチトースト

1日に3回焼き上がるという「デニッシュフレンチトースト」も大人気。お店の「デニッシュ食パン」を使ったフレンチトーストです。発酵バターを贅沢に使った「デニッシュ食パン」はとてもリッチな味わい。フレンチトーストが焼き上がると、その甘くいい香りにつられて立ち寄るお客さんも多いのだとか。

『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』の「デニッシュフレンチトースト」

焼きあがったばかりのフレンチトーストを購入し、さっそくいただきます。

『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』のデニッシュフレンチトーストの断面

切ってみると、その見た目はぷるぷるの卵焼きのよう。ひとくち頬張ると、外側のカリッとした食感からはじまり、次にやって来るのは中のふわっとトロっとした食感。デニッシュの層にアパレイユがしっかりとしみこんでいるので、どこを食べてもおいしい!「デニッシュ食パン」を使ったジューシーなフレンチトースト、こちらは1度に10個前後の限定販売となっています。焼き上がり時間をチェックしておくとよいでしょう。

 

いろんな味を楽しんでほしい

メニューのほとんどは、今回新たに開発したものがほとんどなのだとか。女性のお客さんも、いろんな味をちょっとずつ食べられるようにという心遣いから、小ぶりな大きさにしています。

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』のアップルパイ濃厚カスタードの「アップルパイ」

添加物やマーガリンを一切使わずに作っているそうです。食材はこのメニューにはここの食材が合うということを吟味し、ひとつひとつこだわって厳選しています。

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』の工房

お店の奥には工房があります。パティシエとブーランジェの両方がおり、パンを焼く一方でケーキを作っている、そんな工程も見ることができるんです。

10年以上愛されるクロワッサン

『 JEAN FRANÇOIS(ジャン・フランソワ)』で長年愛されているクロワッサン

「ジャン・フランソワ」のベーカリー&カフェの店舗でも人気だという「クロワッサン」。なんと10年以上も人気の定番メニューなんです。その形は少し変わっていて、リボン型の細長い形をしています。発酵バターをたっぷりと使ったクロワッサンは、外はパリパリしていて中はしっとり。

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』のクロワッサンダマンド

定番のクロワッサンを使ったクロワッサンダマンドや、新登場のチョコクロワッサンもあります。

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』のグルテンフリーメニューグルテンフリーマフィン・クランベリークリームチーズ

また、グルテンフリーのヘルシーなメニューもあります。今回訪れたときには、米粉を使ったマフィンやキャロットケーキがありました。米粉を使っているので、腹持ちもよく朝食にもおすすめなのだとか!

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』のグルテンフリーの「キャロットブレッド」グルテンフリー・キャロットブレッド

グルテンフリーのメニューも今後も増えていくそうです。グルテンを含まない食生活を実践しているけど、ヴィエノワズリーが食べたい!パンが食べたい!という人にもうれしいですね。

GINZA SIXにある『Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ)』

ヴィエノワズリーを専門とするお店『ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ』。見ているだけで、気分が上がる華やかなパンばかり。素敵な1日のはじまりを迎えたいとき、リフレッシュしたいとき、ちょっと特別な日の手土産に、あなたの生活を華やかに彩るヴィエノワズリーを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

  • ■お店情報
  • Viennoiserie JEAN FRANÇOIS(ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ) GINZA SIX店
  • 住所:東京都中央区銀座6−10−1 GINZA SIX 地下2階(地図
  • TEL:03-5537-5520
  • 営業時間: 10:30〜20:30
  • 定休日:施設に準ずる

 

GINZA SIX店限定「Wチーズケーキデニッシュ」を求めて『ヴィエノワズリー ジャン・フランソワ』へ

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP