シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • 大岡山『イトキト』で出会う、ごちそうバゲットサンド

BREAD

大岡山『イトキト』で出会う、ごちそうバゲットサンド

Pocket

大岡山『イトキト』で出会う、ごちそうバゲットサンド

大田区大岡山の活気ある商店街を一歩入った路地にある『イトキト』。静かな場所にあるにも関わらず、お客さんがひっきりなしに訪れていたのが印象的でした。

 

美大時代の友人と作ったあたたかなお店

02

SONY DSC

白い外観には「itokito」というかわいいロゴがかかっており、店の前に置かれた黒板には、手書きでその日のおすすめが書いてあります。「どれにしようかな?」と胸が高鳴りますよね。

04

扉を開けると目に入る、ずらりと並んだ個性豊かなパンたち。実はパンが並んでいる青いタイルのカウンターは店主の勝野真一さんの手作り。かつて一緒に学んだ美術大学時代の友人に土台を作ってもらい、奥さんと一緒にタイルを貼って作ったそうです。

05

先程の看板もこちら絵や、さりげなく置かれた陶器などもご友人の作品だそう。友人と一緒に作った、あたたかな空間が広がっています。

 

繊細な感性がキラリと光る!店主が胸を張る自慢のサンドイッチ

こちらのお店の人気メニューは何と言ってもバゲットサンド!キャンディのようなラッピングがかわいいサンドは、季節の食材を使い、フレンチのエッセンスがちりばめられたメニューばかり。

06

「カマンベールチーズとロースハムのカスクルートサンド」「4種のキノコとチキンのソテーレモンバターソース」「えびとイタリアンルッコラのラビゴットソース」「自家製ローストポークとりんごのノルマンディー風」…名前を聞くだけで興味をそそられます。

どれも食べてみたくなるものばかり!

07

こちらは、「4種のキノコとチキンのソテーレモンバターソース」。具だくさんで、ランチ代わりになります。ソースとキノコの味がマッチしていて、冷めてもおいしいサンドでした。ルッコラがアクセントになって、細部まで気が利いた組み合わせに感動!

お客さんの評判もよく、取材当日は午後2時に売り切れてしまいました。

また、フルーツなどのスイーツ系サンドイッチも人気なのだとか。紅茶と白ワインで煮たアプリコットとクリームチーズを挟んだバゲットサンドは、ピリッとコショウがアクセントに。意外な組み合わせに思えますが、おやつとしてだけでなく、ワインのお供にもぴったりの大人っぽい味つけになっています。

そういった店主の食に対する細やかな感性を生かした、おいしい仕掛けにワクワクしてしまいますね。

 

フレンチ風お総菜パンは見ているだけで楽しい!

08

角食(角型食パン)は地元のお客さんに人気で買いだめする方も多いとか。バゲットのクープの入れ方ひとつにも美意識が感じられます。

09

こちらはボリュームもたっぷりで、独創的な組み合わせのセンスがキラリと光るフレンチ風のお惣菜パン。定期的にメニューも変わるそうです。

010

パイやデニッシュなどの甘いパンや、プリンやクッキーなどのスイーツまで幅広くラインナップ。見たことのない形のパンが多いのも、このお店の特徴です。

 

「食べること」と「職人の技」を仕事に!デザイナーからパン職人に転身

店主の勝野真一さんは、もともとデザイナーをされていましたが、制約の多い仕事に違和感を覚え、30歳を目前に転職を決意したそうです。小さな頃から好きだった「食べること」と「一生を捧げられる職人的な仕事」の両方が叶うということで、パン職人の世界に飛び込んだのだとか。

011左・店主の勝野真一さん、右:奥様の千津さん

中目黒のパン屋さんを修行先に選び、そのお店のパリの街角のような素敵な佇まいと、パンと人が交流するあたたかな空間に憧れ、自分も店を持ちたいという目標もできました。パンの修行中、「サンドイッチを主力商品にしたら良いかもしれない」と思い、同じく中目黒にあるフレンチレストランでも修行。その後、『イトキト』をオープン。

012

お店に並ぶのは、デザイナーの美意識とフレンチビストロでの修行の両方が生かされたパンばかり。「きれいなだけ」でもない、「おいしいだけ」でもない、見た目にも味にも満足してもらえるような、バランスのいいパンを作っていきたいとおっしゃっていました。

ワクワクするパンと人との出会いの場所

この店内に映えるようにと願いを込めて作られた、見た目も味もおいしいパン。そしてそれを求めるお客さん、そして作り手の職人が揃えば、温かなコミュニケーションが生まれます。「店頭でパンを見てワクワクして、その後に家で食べて、またワクワクするようなパンが理想かな。」とのこと。実際に、家に帰って食べてみると、その言葉通りのワクワクする味わいで、「またイトキトに行きたい!」と思ってしまうおいしさでした。

013

「見たことないパンでも『イトキトが作ったのならおいしいよね』そう言われるよう、お客さんとの信頼関係を大切にしたい」。そんな思いで作られるパンだからこそ、新しいパンとの出会いに、安心してワクワクできるのかもしれませんね。

  • ■お店情報
  • itokito(イトキト)
  • 住所:東京都大田区北千束1-54-10(地図
  • 電話:03-3725-7115
  • 営業時間:火~金10:00~20:00 土・祝10:00~19:00
  • 定休日:日・月
OFFICIAL Instagram
Pocket

PAGE TOP