シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • 薪火料理×自家製パン×ワインを味わう!都立大学『ミート&ベーカリー バンボ』

BREAD

薪火料理×自家製パン×ワインを味わう!都立大学『ミート&ベーカリー バンボ』

Pocket

薪火料理×自家製パン×ワインを味わう!都立大学『ミート&ベーカリー バンボ』

自由が丘駅のお隣、東急東横線・都立大学駅へやってきました。駅周辺には地元の人たちから親しまれている商店街が。そこに最近個性あふれるお店が新たに登場しているのだそう。

住宅街ということで特別華やかな街ではないものの、人びとの暮らしにそっと寄りそう、不思議と心ひかれる街・都立大学駅に今回紹介するお店はあります。

 

ブルックリンスタイルの店内で楽しむ薪火料理

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の外観

昨年12月にオープンした『MEAT & BAKERY BURMBO(ミート アンド ベーカリー バンボ)』。内装のコンセプトはニューヨークのブルックリン。ビルのオーナーがニューヨーク好きで、ブルックリンと都立大学は、昔ながらの良い物と新しく生まれる物が融合している所が似ているよね、というところから始まったお店です。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の店内

「ブルックリンは今ではおしゃれな街のイメージですが、かつて倉庫街のような街だったんです。そこに少しずつ新しいお店ができ、若者向けの街に変わっていったのですが、都立大学も昔ながらの方が多く住んでいらっしゃる街。そこに洗練された新しいものを作ることで、街とともに変わっていけばと思い、誕生したお店です。内装もブルックリンのイメージで無機質なものと木のぬくもりを融合させています」とお店の方が教えてくれました。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』のグリラーグリラー

『MEAT & BAKERY BURMBO』でいただける料理は、フランス・リヨンやプロヴァンスなど南仏の家庭料理をベースとした創作料理を中心に、薪火(まきび)で焼いた肉料理を多種用意。薪火でじっくり焼き上げることで食材の旨味を閉じ込めることができるのだとか。また、藁で燻すことで燻煙の香りも楽しめます。

企業と共同開発したというグリラーは、ハンドルを回すことで食材が乗った台の高さを変えることができ、煙の当たり具合や火のあたり具合を調整しています。安心安全の材料をとの想いから、薪や藁もすべて国産のものを使用するというこだわりがあるそう。

 

名物「美明豚」をいただく薪火グリルランチ

ランチメニューに薪火料理を味わえる薪火グリルランチがあります。選べるメインディッシュにスープとサラダ、パンの盛り合わせにドリンクもセットになっています。

選べるメインは、名物「茨城県産 美明豚(びめいとん) 肩ロース」をオーダー。200gと300gから選ぶことができます。その他、鶏・牛にラム、魚介など季節や旬で仕入れたお料理がたくさん!

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の名物・美明豚

薪火でじっくりと焼き上げられる分厚いお肉!オープンキッチンになっているので、お料理を待っている間、いい香りとパチパチという薪の焼ける音が空腹を刺激します。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の薪火グリルランチ別でワインもオーダーしました

ランチでこのボリュームはうれしいですよね。今回はじゃがいものスープ、パンはブリオッシュです。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の名物・美明豚

美明豚はお店の代表の出身である茨城県行方市にある中村畜産さんが育てているもの。都内で食べられるお店はあまりないのだそう。代表の地産地消や地域を盛り上げたいという考えで、美明豚を発信していきたいという想いが込められています。

美明豚は脂肪の融点が低く、脂っこくなくすっきりとした甘みがあるお肉なので、じっくり焼いて中に旨みを閉じ込める薪火と相性が良いのだとか!お肉の下にはマッシュポテトも添えられています。赤ワインのソースと一緒にいただきました。最初「こんなに食べられるかな?」と思いつつも、脂っこくなく柔らかいので意外と食べられちゃいます。赤ワインとも相性抜群!ご褒美ランチやのんびり食事とお酒を楽しみたい休日にぴったりです。

 

BURMBOの『ウフ・フ』!?

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の名物料理「ウフ・フ盛り合わせ」

ボリュームいっぱいのこちらは、ディナーで楽しみたいお店の名物料理『ウフ・フ』盛り合わせ。フランス語の「ウフ(œufs)=卵」、「フロマージュ(fromage)=チーズ」のフからとったネーミング。たき火で藁焼きした魚介やオーガニックを中心とした野菜を特製ウフ・フのオランデーズソースにつけていただきます。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』のウフ・フふわっふわのオランデーズソース

魚介とお野菜たっぷりの「ウフ・フ」

魚介とお野菜がたっぷりなので、つまみながらワインと一緒に楽しむのもおすすめです。エビ・イカ・ムール貝といった新鮮な魚介は燻煙の香りも食欲を誘う、クセになる味わい。クリーミーでまったりとしたオランデーズソースはワインとも相性◎。お酒も食も思わず進んでしまうこと間違いなし。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』でいただける南仏のお料理メニュー

そのほか、ディナーメニューでのおすすめは「セルヴェル・ド・カンパーニュ」。リヨン地方のとろける白いチーズを自家製パンにつけていただくことができます。

 

種類豊富なワインと楽しむ

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の店内に並ぶワイン常時50種類ほどのワインのラインナップがあります

ワインはアメリカのナパバレーのものを中心に50種類ほどをラインナップ。しっかりとした味付けのお料理に合うようにと選ばれたワインが並びます。薪火のお料理に自家製パン、そしてワインのマリアージュを贅沢に楽しむことができます。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』のワイン

グラスワインも赤・白2種類ほどから選ぶことができます。ワインも定期的にいろいろなものを入れているそう。お昼からでもワインがいただけるので、アペロ気分も味わえちゃいますね。

 

酵母から作る自家製パン

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の自家製パン

お店では、パンのみの購入もできます。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の食事系パン

食事に合うようなパンが豊富にあります。人気はバゲットだそうです。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』のパン「フィグ」

店員さんオススメの「フィグ」をテイクアウト。くるみとイチジクがたっぷり入っています!パンのむっちりとした食感もたまりません。イチジクやナッツの素朴な甘さのパンは、お料理との相性も◎。チーズを使った南仏料理や薪火料理にお酒のおいしさをさらに引き出してくれます。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』のスイーツ系のパン

ティータイムにはスイーツ系のパンと一緒にカフェとして利用されるお客さんも多いのだとか。カウンター席もあるので、仕事帰りに軽く1杯ワインを楽しみ、そして翌日の朝ごはんにパンを買って帰るというのもいいですね。

都立大学駅『ミート アンド ベーカリー バンボ』の店内の様子

広々とした店内では、時間を気にせずゆっくり過ごすことができます。テラス席もあるので、もう少し暖かくなったらペットと一緒にお散歩がてらランチタイムを過ごすなど、様々なシーンによって違った楽しみ方があります。

また、春には正面の大きな窓から桜を見ることもできるそうです。お花見しながら、外の景色を楽しみながら、おいしい薪火料理×自家製パン×ワイン、至福のひと時を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

  • ■お店情報
  • MEAT&BAKERY BURMBO(ミートアンドベーカリー バンボ)
  • 住所:東京都目黒区中根1-6-1 ニューヨークコーナー 1F(地図
  • TEL:03−5729−2811
  • 営業時間: 11:30〜23:30(L.O.22:30/薪火料理L.O.22:00)
  • 定休日:年中無休

 

薪火料理×自家製パン×ワインを味わう!都立大学『ミート&ベーカリー バンボ』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP