シンプルで上質なライフスタイルを提案するWEBマガジン “パリマグ”

WEBマガジン “パリマグ”

  • HOME
  • BREAD
  • 出汁が香る昆布〆フィッシュバーガー!中目黒『デリファシャス』

BREAD

出汁が香る昆布〆フィッシュバーガー!中目黒『デリファシャス』

Pocket

出汁が香る昆布〆フィッシュバーガー!中目黒『デリファシャス』

新スポットが続々と登場し、賑わいを見せている中目黒。最近はこだわりのハンバーガーショップが続々とオープンし、ハンバーガーの激戦区でもあります。そんな中目黒駅から徒歩8分ほど、2016年12月にオープンしたフィッシュバーガーの専門店『deli fu cious(デリファシャス)』に行ってきました。

 

お鮨屋さんの腕を生かした和バーガー

deli fu ciousで働く4人左から、大久保さん、工藤さん、小池さん、岡田さん

4名の仲間で始められたというフィッシュバーガーの専門店『デリファシャス』。今回は、接客の担当もしている、マネージャーの大久保さんにお話を伺いました。

「うちのシェフである工藤がお寿司屋さんで10年以上働いていまして、その腕を生かして何かできないかと考えていて、仲間で飲食店をやりたいねと話していたんですよ。今、お肉のハンバーガー屋はいっぱいあるじゃないですか?アメリカナイズされている中で、僕たちのハンバーガーはそこに一石投じたいなという思いもあって。工藤がお寿司屋さんだったこともあり、今までにない魚を使った和バーガーを作ろうと思ったんです」と大久保さん。

調理を担当するのはシェフの工藤さんと岡田さん。工藤さんは銀座『青空』を含め有名寿司店で経験を積まれてきた寿司職人。岡田さんは中目黒で炉端焼きのお店『岡田龍平』を営んできたほか、沖縄ではタコス屋さんを経験するなど飲食に幅広く携わってきた経験がありました。

deli fu ciousの大久保さん

「また、和なテイストなだけではなく、僕らみたいなこの見た目の感じの男たちが働いているというのも、ここの中目黒とか地域に根ざしている気がするんですよね。ストリートなどのカルチャーがみんな好きなので。そういういろんなものを混在させたいなという思いもあるんです」。

deli fu cious で出汁巻き卵ドッグを作る様子

お店のこだわりは、オーダーを受けてから作るというスタイル。店内でももちろん食べることができますが、メインはテイクアウト。

「オーダーを受けてから作る“おいしいものを食べていただきたい”という思いがあるので、お時間はいただいちゃうんですけど、そこはブレずにやりたいなって思っていますね」と大久保さんは言います。

 

出汁が香る!「昆布〆フィッシュバーガー」

deli fu ciousの店内には盆栽があります店内の内装も和テイスト

メインとなる食材は国産で、魚は築地から仲卸の方に頼んで仕入れていて、丸々1本からさばいています。「昆布〆フィッシュバーガー」はレギュラーメニューですが、そのときによって魚の種類が変わるのだとか!

deli fu ciousの昆布〆フィッシュバーガー昆布〆フィッシュバーガー

「季節によって旬の魚を仕入れるので、そのときによって魚の種類や価格も変わります。少し前はサワラ、ヒラメや真鯛のときもありました。一番は旬でおいしいお魚を、そしてなるべく安く提供したいと思っています」とのこと。

本日のお魚はメダイ。さっそくいただきます。大きく口をあけて頬張ると、ものすごい出汁の香り!その秘密は和風出汁豆腐ソース。そして新鮮な魚の旨みがぎゅっとつまっています。昆布〆にすることで深い味わいが加わります!

deli fu ciousの昆布〆フィッシュバーガー魚の上にのったレンコン・かいわれなど野菜の食感も◎

下にしいてあるキャベツには、なんとたくあんが入っています!その歯ごたえがいいアクセントになり、またパンに塗られた和がらしが相性抜群。これまでの、フィッシュバーガー×タルタルソースの概念が覆されました。お寿司というとご飯ですが、その技を生かしたメニューがパンで楽しめるのはうれしいですね。

「そこはシェフ2人が一番苦労した部分です。ご飯に合うものが必ずしもパンに合うわけではないじゃないですか。イメージの中でこれ絶対にパンに合うな、挟んだらおいしいな、と思うようなものでも実際は合わなかったりするんですよね。その中で、2 人はオープン前にお店に寝袋をしいて、いろいろ考えて試作を繰り返して今のメニューが生まれたんです」。

deli fu ciousのガリそのときで変わるという付け合わせ、今回はガリでした

パンは高田馬場『馬場FLAT』にオーダーして作ってもらっているものを使用。今までのハンバーガーのようにハードでカリっとしているバンズとは違いふわふわのしっとりした食感が特徴です。それはシェフたちの「すべて一緒に食べたときの食感や味のバランスを重視したい」という想いからなのだそう。

deli fu ciousの焼印かわいい焼印もひとつひとつ押しているそう!

「サンドされた具材の食感を楽しんでもらいたいんです。魚や中に敷いている野菜など、僕らのバーガーにはいろいろ食感を楽しめるものがいっぱいあります!それをすべて味わっていただくためには、この柔らかいしっとりとしたバンズが合うんです」と教えてくれました。

 

インパクト大!ふわトロ「出汁巻き卵ドッグ」

deli fu ciousの出汁巻き卵ドッグ出汁巻き卵ドッグ

出汁巻き卵がどーん!とダイナミックにサンドされた「出汁巻き卵ドッグ」。

deli fu ciousの出汁巻き卵ドッグ

切ってみるとトロトロの卵から出汁がジュワっと出てきます。さっそくいただこうと手を伸ばすと、まずその柔らかさに驚きます。慎重に口まで持っていき、パクリとひと口。パンも卵も同じくらいふわふわ!「一緒に食べた時のバランスを重視している」とおっしゃっていたように、食感も味も絶妙なバランスで絶品です。あっという間に完食。

ハニーマスタードマヨソースも出汁巻き卵によく合い、これまで知らなかった卵のおいしさに出会ってしまいました。

 

銭湯をイメージ?瓶ドリンクにコーヒー牛乳

deli fu ciousの店内

ハンバーガーが和テイストということで、店内にも和の要素が。

deli fu ciousの店内「いい湯だなぁ」の文字が

内装は銭湯をイメージして作っているということで、盆栽を置いていたり、壁もお風呂のタイルや石にしたり、トイレのドアはサウナをイメージしたウッド調だったりと遊び心がいっぱい。また、ハンバーガーと一緒にいただけるドリンクにもこわだりが。

deli fu ciousのドリンクメニュー

「ドリンクメニューは基本的に瓶のものを置いています。栃木乳業から仕入れているレモン牛乳・イチゴ牛乳・コーヒー牛乳もあります。それも、銭湯からのイメージなんです!」と大久保さん。

お酒は、「コロナ」と日本酒のスパークリング「すずね」

お酒は、「コロナ」と日本酒のスパークリング「すずね」。今後開催されるオリンピックに向けて、外国の方にも日本のお酒を楽しんでもらいたいという思いで置いているのだそうです。

deli fu ciousで働く4人

訪れた夕方には、地元のおばあさんや子どもとお母さん、仕事帰りの男性、お友達と一緒に訪れハンバーガーの写真を撮り合って楽しむ女性など、年齢層も様々なお客さんが次々と来ていました。

4人の仲間で作り上げるでき立てのフィッシュバーガー、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?きっとフィッシュバーガーの価値観が変わるはず。

 

 

出汁が香る昆布〆フィッシュバーガー!中目黒『デリファシャス』

この記事が気に入ったら
いいね!してね

PARIS mag OFFICIAL Instagram
リサとガスパール オフィシャルウェブサイト
PAGE TOP